ttl

2022.03.19 Saturday

今に始まったことじゃ無いけれど

クリスマスローズの開花も進み、

 

早く咲き出したものは花色も抜けだしてきたので、

 

切り取って突っ込むだけの簡単アレンジをしてみました(;^ω^)

 

クリスマスローズアレンジ

 

咲いていたお花が限られていただけに、

 

花色に偏りを感じますが、そこは大目に見てね(≧▽≦)

 

クリスマスローズアレンジ

 

クリスマスローズのお花だけでは動きも少なくボリュームに欠けたので、

 

花壇でワッサワッサ茂っていたミスキャンタスの葉を入れてみたけれど、

 

よく考えたら良い置き場が無くて、結局ココに。

 

クリスマスローズアレンジ

 

そしたら、壁のオブジェと鳥籠のラインと、

 

ミスキャンタスの葉のラインが出まくって目がチラつく始末。

 

相変わらず、後先考えずやっちまった~((´∀`*))ヶラヶラ

 

2022.02.02 Wednesday

捨てるのは忍びなく・・・

孫っちのニューボーンフォトったオリーブとポポラスを

 

そのまま捨てるのは忍びなく、スワッグにしました。

 

ユーカリポポラスとオリーブのスワッグ

 

春の到来を楽しみに、

 

心暖かくなるような色合いのピンクバイオレッド色の

 

華やかなバラとスターチスをアクセントにしました。

 

ユーカリポポラスとオリーブのスワッグ

 

春が今から待ち遠しいです💕

 

2022.01.21 Friday

思い通りにならないもんだ(◞‸◟)ハァ~

昨年の事だけど、スケルトンリーフを作りたくて、

 

いつ、どこで拾ったか忘れてしまった葉を煮、漂白してみました。

 

葉っぱと水をお鍋に入れ重曹を入れてグツグツと煮、

 

葉肉が柔らかくなったら、歯ブラシで葉肉をこそぎ落として

 

葉脈だけになったら塩素系漂白剤で漂白すると、

 

スケルトンになった真っ白の葉脈が芸術的な美しさに変身‼・・・となるはずが、

 

いくら煮込んでも、こそぎ落としても、漂白しても、

 

綺麗な葉脈アートにならない・・・(ーー;)(何で?)

 

何度手をかけてもダメだったので諦めたらこんな仕上がりになってしまいました(チーン)

 

漂白葉っぱ

 

虫食いなど無かったはずの葉っぱが、

 

何故か、虫食いにあったかのような残念な仕上がりに(ノД`)・゜・。

 

漂白葉っぱ

アナベル・アマドコロ・ランプの妖精の葉

 

こんなはずじゃ無かったんだけど・・・

 

葉っぱのスケルトン漂白、ハードル高すぎた~~~(T_T)

 

2021.12.27 Monday

今回はどないですぅ~?

先日、葉ボタンとアイビーのみのリースを作ったら

 

思ってた以上に地味だったので、

 

今回は見ているだけで元気が出そうなパンジーのリースを作りました。

 

華やかな色合いのパンジーのリース

 

今までの私なら選ばなかった色味ですが、

 

今年の私はちょっと違う(大げさ)

 

パンジー

 

華やかな色合いはエネルギッシュなパワーを感じます。

 

華やか色のパンジー

 

 

華やか色のパンジーとシルバーリーフのリース

 

随分前の話ですが、寒色系の小花が多い我が家の花壇を見ていたご年配の方に、

 

「何で明るい色のお花を植えないの?」・・・と聞かれたことがあったけど、

 

今思えば、きっとその方は、

 

明るい華やかな色のお花達を見た方が、

 

気持ちも明るく、元気をもらえるような気分だったのかもしれませんね。

 

今なら何となくその気持ち・・・分かるかな^^

 

 

2021.12.25 Saturday

またまた使ってみた♪

昨日、ヒトツバという植物のドライを使ってスワッグを作ったとアップしたのですが、

 

今回は、そのヒトツバの近くで枝葉を広げまくっていた

 

姫ノウゼンカズラの枝を使ってリースを作りました。

 

姫ノウゼンカズラのリース土台とヒトツバのリース

 

変形させたリース土台とお花のバランスが難しかったけど、

 

どうでしょう?ヒトツバの存在感が生かせてるかしら?(;^ω^)

 

姫ノウゼンカズラのリース土台とヒトツバのリース

 

持ち合わせのお花がたまたまオレンジ系のものばかりで、

 

我がことながら「何でオレンジばっかり?」でしたが、

 

お正月に向けて飾るので結果的には良かったかな(笑)

 

姫ノウゼンカズラのリース土台とヒトツバのリース

 

2021.12.24 Friday

使えなくはない?

我が家の裏の僅かなスペースで蔓延り始めたヒトツバを

 

何か使えないかと考えていたら、

 

「グレビレアゴールドの葉に似てるかも」・・・と思えてきて、

 

ドライにして使ってみることにしました。

 

ホワイトクリスマスを意識したスワッグ

 

ホワイトクリスマスのイメージでシンプルにまとめてみました。

 

グレビレアゴールドのように葉の表裏の対比は少ないのでパンチ力には欠けますが、

 

使えなくもないかしらん?(≧▽≦)

 

ホワイトクリスマスを意識したスワッグ

 

狭いスペースで蔓延っていくヒトツバの存在を疎ましく感じることもあったけど、

 

今回こうして使ってみたことでちょっと見る目が変わりました。

 

(人間っていい加減)(;一_一)イヤ、ワタシダケカ。。。

 

今後も色々な場面で使えたらヒトツバも許してくれるかな。

 

pagetop

京都エクステリア・外構工事専門店

ホリーガーデン 有限会社堀口建装

〒615-0846 京都市右京区西京極徳大寺団子田町42-1

アクセスマップ